ボイラー設備の環境省エネ対策商品と方法

ボイラー設備の環境省エネ対策商品と方法 燃料節約グッズ

ボイラーの環境、省エネ対策
 
1.燃焼(空燃費)調整 2.電熱面の汚れ防止 3.空気、給水予熱器の設置 4.蒸発圧力の変更 5.ドレン(腹水)回収 6.ブロー水の熱回収 7.運転方法の改善 8.弁及び配管等からの放熱防止 9.弁、配管及びスチームトラップ 10.パワーグリーンの取付け
 
省エネ燃費測定方法
ボイラー : 燃料消費量と水量ブローを記録し、蒸発倍数で省エネ・節約量を計算します。
発電機  : 燃料消費量と発電量を記録します。詳細に燃料消費量を記録する対策としては
       燃料のINとOUTの流量を測定し、差をエンジンの消費量として省エネ測定します。
トラック : 燃料消費量と走行距離で省エネを計算します。詳細記録方法は発電機と同じ。
写真 : 取付け位置(ボイラー設備)
      できる限りバーナー口手前に装着する事で、より高い環境と省エネを実現します。
 
◆ ご購入・お見積もり・業販・ご相談は、お気軽にお問い合わせ下さい。