自動車用パワーグリーン

燃費向上 / 自動車・トラック・バス・船舶・ボイラー

パワーグリーンの目的・・燃費向上による燃料費削減やパワー向上。燃焼効率を高め環境対策
◇ ガソリン 軽油 灯油 A重油 ◇
約10%の馬力、トルクUPと燃費向上・・・パワーとトルクUPは、まるで排気量UPやボアアップした体感が出来ます。燃費向上ができる自動車環境対策商品です。
ドイツとロシアで採取する天然の鉱石ネオジムを中心素材に使い、他物質をドイツの研究により最適に調合を行っています。燃料用は中心磁場で最大の触れ幅、18000ガウス相当を発生させます。
パワーグリーンは燃焼プロセスを改善します。
燃料はパワーグリーンを通過した時、燃料分子に水素イオンを発生させます。水素イオンは静電気のような働きを行い酸素との結合を容易にします。しかも燃料クラスターが小さくなる事で表面張力に変化を起こし、電子スピンの働きで燃料分子を整列させます。それらは燃焼の助けとなり、燃料と酸素の結合スピード、結合力を高める事ができます。その結果燃焼効率を向上し、パワートルク、燃費向上させ、排気ガスをクリーンにします。
エンジンをコンピューターセッティング(点火タイミング、空燃費など)している場合で、特にマージンを取っていない場合に限り、リセッティングが必要となります。それだけの変化をおこしますが、セッティングの幅も広がりますので相性は抜群にいいと言われています。
パワーグリーン トラック(5000CC以上) / POWER GREEN-TRUCK
定価 ¥58,000+消費税
メカニズム
メカニズム / 通常時とパワーグリーン使用時のイメージ図

1TABLE

通常時パワーグリーン 使用時
不完全燃焼=利用可能な科学エネルギーのロス、排出
パワーのロス、燃費の悪化
排気ガスの悪化
ススによるメンテナンス頻度が上がる又トラブルの発生
完全燃焼 + 過剰空気の減少
利用可能な化学エネルギーの回復利用
燃費向上による燃料経費の削減
燃焼効率や蒸発倍数の向上
クリーンな排気
すすやスラッジが減り、メンテナンスの減少やトラブルの回避
効果
 
エンジンは燃焼状態が良くなりストレス無くレッドゾーンまで吹け上がるようになります。今までマフラーより有害物質として排出(捨てられていた)していた不完全燃焼分を燃やす事ができる事で、レスポンスが上がりマフラーからの生ガスの匂いも軽減しススも付着しにくくなります。燃焼効率向上は馬力、トルクUPを体感でき、同時に燃費向上します。燃料代金も節約できます。
排気ガス浄化装置(パワーグリーン)による結果
取り付け位置
パワーグリーン取り付け位置
取付位置はエンジンに近い所へ装着します。燃料フィルターからエンジンの間が基本取付位置です。ディーゼル、ガソリンを問わず装着可能です。プラスチックホースや鉄配管ではジョイントも用意しております。車を乗り換えた場合でも次の車へ移植すれば使い続ける事ができ、減価償却できる商品です。
 
取り付け位置の説明図