電解(電気分解)について

電解(電気分解)について

アルカリイオン水は、水にカルシウム材を添加し (近年では電解能力が向上した為、水道水では殆ど不要となった)電気分解する事で得られるアルカリ性の水です。電気分解する装置としての主流商品がアルカリイオン整水器は水道水に直結し流水下で電気分解する流通式(フロー式)と一定量を滞 水下で電気分解する貯槽式(バッチ式)があります。電解槽や電気分解の原理は同じです。電解槽は隔膜により2つに隔てられており、それぞれに陽極(アノード)と陰極(カソード)となる電極が設置されています。隔膜は水中のイオン種を通過させ、水そのものの通過は阻害します。さて、この電解槽にカルシウムイオン・食塩などを含む「みず」を入れ両電極を通して「みず」に直流電流を流すと塩化物イオン・炭酸イオン・硫酸イオンなどの陰イオンは陽極側へ、カルシウムイオン・ナトリウムイオン・マグネシウムイオンなどの陽イオンは陰極側へ移動します。両極間にかかる電圧が大きければ電極の表面において電気分解され、陰極側では水酸化イオン(OH-)、陽イオン及び溶存酸素が多くなりOHの高いアルカリイオン水が生成される。
 
陰極 : 2H2O + 2e- ⇒ 2OH- + H2
陽極 : 2H2O ⇒ 4H+ + O2 + 4e-
 
 
酸化還元電位の測定値はプラス・マイナスのミリボルト(mV)で表され、物質の酸化還元電位が、0mV以下(マイナス)だと還元力(相手を還元しやすい=電子を与えやすい)、+400mV以上だと酸化力(相手を酸化しやす=電子を奪いやすい)を持つ物質で、酸化還元電位は測定対象がどのくらい酸化する、若しくは還元する能力があるかということの数値です。アルカリイオン水は還元水とも呼ばれており、これはアルカリ水の酸化還元電位が、0mV以下(マイナス)である事からそう呼ばれています。逆に酸性水はプラスの領域となります。
 
Phペーハー
 
pHの値には0~14までの目盛りがあり、7を中性(化学的中性点)7より小さくなるほど酸性が強く、7より大きくなるほどアルカリ性が強くなります。強酸性・酸性・中性・アルカリ性・強アルカリ性と区分します。
PH(ペーハー)はラテン語でpounds Hydrogeniiであり、poundsは重量を意味し、Hydrogeniiは水素を意味します。pHは、水素指数の略号でもあります。
・胃液 PH1.8-2.0 ・水道水PH5.8-8.6
・レモン汁 PH2-3 ・血液 PH7.4
・ワイン PH3-3.7 ・海水 PH8.3 
・ビール PH4-4.5 ・石鹸Ph9-10
 
強アルカリ洗浄水 Ph13.2
容 量     : 強アルカリ水20リットル(ビニールタンク入り)
梱包サイズ : W300×H300×D300mm
販売価格  : お問い合わせ下さい 
 
※タンクはキャップを閉め直射日光を避けて常温環境で保管下さい。
※強アルカリ性水のため、飲用には絶対に使用しないでください。
※直接目や皮膚に噴霧・接触しないでください。
※アルミ・銅・真鍮等の両極腐食性金属へのご使用はお避け下さい。 
※本製品はpH13.10なので、必ず原液4~20倍に薄めてご使用ください。
※OEM対応も可能です。
※装置本体の販売や価格は、お気軽にお問い合わせ下さい。