作り込み

 
パワーグリーンはドイツのエンジニアが丹念に作り込み、常に改善を繰り返して現在の形状になりました。この形状が最終ではありません。今日もエンジニアは改善ポイントを探してトライ&エラーを繰り返しております。下記の図は、分りやすパワーグリーンをイラストにしたものです。いくら強力なネオジウム磁石であっても磁石と磁石との距離が離れると「みず」に対して影響を与えにくくなる事は皆様でも理解できると思います。家庭用の配管でも内径は20㎜も遠ざかってしまいます。ましてマンション用の元配管では50㎜や75㎜、100㎜と距離が離れます。
パワーグリーンガンマは下記のようなデザインで、どれだけ配管サイズが大きくなろうと常に磁石と磁石の隙間は4㎜であり、「みず」に対して強力で効率的なイオン化を促進できます。、又カルシウム成分などの溶け込んでいる成分に対しても、強力な影響を与える事ができます。磁力線は不必要な商品外側への漏れを反射板にて防止し、更に反射された磁力線までも有効に、効果的に水へ影響させるように設計しています。 配管が大きくなればPPホルダーの数が増えると言う理にかなったデザインでございます。