本文へ移動

パワーグリーン・ジャパンのブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

安全な消毒剤として次亜塩素酸水の有効活用は新型コロナウイルス感染症予防対策COVID-19に期待できる。微酸性次亜塩素酸水の新型コロナウイルス不活化エビデンス

2020-06-02
安全な消毒剤として次亜塩素酸水の有効活用は新型コロナウイルス感染症予防対策COVID-19に期待できる。微酸性次亜塩素酸水の新型コロナウイルス不活化エビデンス
消毒剤として次亜塩素酸水は新型コロナウイルス感染症予防COVID-19の不活化可能のエビデンス
安全な消毒剤として次亜塩素酸水の有効活用は新型コロナウイルス感染症予防対策COVID-19に期待できる。微酸性次亜塩素酸水の新型コロナウイルス不活化エビデンス
微酸性次亜塩素酸水の新型コロナウイルスCOVID-19に対する不活化に関する実証試験/エビデンス
図1.微酸性 次亜塩素酸水処理による新型コロナウイルスCOVID-19 SARS-CoV-2の不活性化
補足:病名はCOVID-19、ウイルス名はSARS-CoV-2となります
次亜塩素酸水:pH5.5,有効塩素濃度=40ppm;ウイルス:JPN/TY/WK-521株
提供水:ウイルス液(DMEM,2%FCS含)=19:1で混合
反応時間:30秒、1分、5分、10分(室温は1回目、2回目とも23℃)
中和と培地調査:1/10倍溶の0.012Mチオ硫酸ナトリウム液添加の後に、1/10量の10XMEM、1/50量のFCS、適量の重炭酸ナトリウム(pH調整の為)添加
DMEM(2%FC8含)で10倍階段希釈
50μlDMEM(2%FCS含)が入っている細胞(96穴プレート:TMPR882発現VeroE6)に各希釈1穴に50μlを添加
3日後、CPE確認、TCID50/ml算出
電解質(食塩+塩酸)
実験実施場所:北海道大学人畜共通感染症リサーチセンター
試験実施者:高田 礼人 教授
試験実施日:2020年5月25日~5月30日
 
Press Release (2020 年6 月1 日)
次亜塩素酸水(pH5.5、有効塩素濃度40ppm・電気分解方式による)の新型コロナウイルスCOVID-19に対する不活化に関する実証試験/エビデンス

● 次亜塩素酸水(pH5.5、有効塩素濃度40ppm)による新型コロナウイルスの不活化
このたび北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター(高田礼人教授)と協力し、電気分解法による微酸性次亜塩素酸水(pH5.5、有効塩素濃度40ppm)の新型コロナウイルスに対する不活化に関する実証実験を実施した。協力者と共に、次亜塩素酸水に関する実証実験第二弾(第一弾は強酸性水の次亜塩素酸水)として、その成果を報告する。
● 次亜塩素酸水(pH5.5、有効塩素濃度40ppm)は新型コロナウイルスを瞬時に不活化する
今回の実験条件は、反応液におけるウイルス液とサンプル液の比率が1:19 以外は(前回は1:9)すべて同じである。同じ条件で2 回実験を繰り返しその再現性を担保した。2 回の実験において、使用した次亜塩素酸水は前回同様30 秒、1 分、5 分、10 分の反応時間でウイルス感染価を約5 桁減少させ、実験で検出不可能なウイルス感染価以下まで不活化した。コントロールに用いた普通の蒸留水においてはウイルスの不活化はまったく見られなかった(図1)。
 
● まとめ
今回の実験で、微酸性次亜塩素酸水(pH5.5、有効塩素濃度40ppm)は前回の強酸性次亜塩素酸水に引き続き(つまり強酸性の次亜塩素酸水)、新型コロナウイルスに対する強力な不活化効果があることが実証された。
政府系の独立行政法人製品評価技術基盤機構「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」は2020 年5 月28 日、中間報告を発表しその中で、実証実験を担当した二つの研究所の実験結果に必ずしも一貫性がないことから、引き続き検証試験を継続すべきであると結論付けている。
消毒用アルコールなどがひっぱくしている現状において、強酸性(pH2.7 未満)だけでなく微酸性(pH5.5)の次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対して有効と判断されたことの意義は非常に大きい。すなわちアルコールの代替品ではない、独立したより安全な消毒剤としての次亜塩素酸水の有効活用は新型コロナウイルス感染症予防対策に大きく寄与することが期待できる。
 
次亜塩素酸水(強酸性pH2.7 未満および微酸性pH5.5)は、比較的容易に入手可能な生成装置から吐水され、食品や物品等の消毒の他に、「手洗いに有効な資材としても推奨できます。
私たちは新型コロナウイルス感染症の予防対策のために、次亜塩素酸水の有効利用を引き続きより積極的に検討していく所存です。
北海道大学名誉教授
玉城英彦 先生
 
 
山口の感想
5月末のNITEさん(経済産業省の要請)の中間報告では、各報道のされ方により次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対して無効だと勘違いされそうなタイトルだったりしますが、しっかり読めばポジティブに見えます。問題は機能水研究振興財団も伝えているように電気分解で作られた純度の高い(定義に沿った)次亜塩素酸水と、それ以外・・・次亜塩水溶液や次亜塩素酸ナトリウムに酸を混ぜた溶液が乱立し、消費者の立場からはその違いが分かりにくく、次亜塩素酸水(それ以外も含め)の使用方法や成分、pHや濃度、消費期限などの説明がない、もしくは根拠が分からないと言う事で一見ネガティブな記事に見えたかもしれません。
我々は次亜塩素酸水の定義や新型コロナウイルスに対しての表現などを機能水研究振興財団との連携によりユーザー様にしっかりと説明をする責任を担うのだと考えております。長期に電解水と関わりを持つ我々としては、これを機会としてエビデンスに基づく説明、正しい情報を発信する事を継続していきたいと思います。
 
 
 
お問い合わせ、ご相談は、お気軽にどうぞ (*^_^*)
電話:072-894-8615 メール:info@pg-japan.com
株式会社パワーグリーン・ジャパン 山口まで



 
 

経済産業省及び製品評価技術基盤機構(NITE)からの発表、各報道についての見解

2020-05-30
平素は弊社製品をご愛用いいただきまして誠にありがとうございます。
経済産業省、製品評価技術基盤機構(NITE)、各報道機関より発表及び報道がありました次亜塩素酸水について弊社より下記見解をご報告いたします。
 
NITEでは国立感染症研究所と北里大学でのテストを行いました。
先日の発表は中間報告ですので、一部報道の一見効果が無いようなタイトルもありましたが、良く内容を精査頂けると下記が見えてきます。
1)99.99%以上の感染価減少
2)感染価減少率は99.9%未満
3)感染価減少にかかる一定の傾向を捉えることは困難であった
4)ウイルス不活化効果は認められなかった。
となり、使用方法(使用量)や濃度、pHなどにより効果が変わるという事でした。
使用方法を間違えなければ効果が有るとも言えます。
5)また、北海道大学の試験(pH5.5/40ppm)では30 秒、1 分、5 分、10 分の反応時間でウイルス感染価を約5 桁減少させ、実験で検出不可能なウイルス感染価以下まで不活化したとし、北海道大学名誉教授、玉城英彦先生はエビデンスを基に下記を結論付け纏めています。
今回の実験で、微酸性次亜塩素酸水(pH5.5、有効塩素濃度40ppm)は、新型コロナウイルスに対する強力な不活化効果があることが実証された。
政府系の独立行政法人製品評価技術基盤機構「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」は2020 年5 月28 日、中間報告を発表しその中で、実証実験を担当した二つの研究所の実験結果に必ずしも一貫性がないことから、引き続き検証試験を継続すべきであると結論付けている。
消毒用アルコールなどがひっぱくしている現状において、強酸性(pH2.7 未満)だけでなく微酸性(pH5.5)の次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対して有効と判断されたことの意義は非常に大きい。すなわちアルコールの代替品ではない、独立したより安全な消毒剤としての次亜塩素酸水の有効活用は新型コロナウイルス感染症予防対策に大きく寄与することが期待できる。 次亜塩素酸水(強酸性pH2.7 未満および微酸性pH5.5)は、比較的容易に入手可能な生成装置から吐水され、食品や物品等の消毒の他に、「手洗いに有効な資材としても推奨できます。
Press Release (2020 年6 月1 日より引用)
これら内容で客観的に考察しますと、正しい情報と使い方をユーザー様に我々の責任においてお伝えする事を痛感とともに使命と考えました。(今回の新型コロナウイルスが登場する前からインフルエンザウイルスやHIVウイルス、その他ウイルスや菌に対してのエビデンスが確立し、使い方は一貫しております)
どのような優れたものでも使い方を間違えると用を足しません。今回のNITEからの発表はその部分の分かりにくさを反映された中間報告でしたので、同じ考えを持つ我々にはポジティブに捉えつつも情報発信の難しさも同時に感じている次第です。
 
またもう一つの論点として、使い方以外に次亜塩素酸水、次亜塩素酸水溶液、次亜塩素酸ナトリウムと酸などを混ぜた商品との区分です。確かに新規参入業者が増え、その中には売れればよいと言う商品も多く見受けられており、私たちも危惧していたところです。次亜塩素酸水には下記の定義がございます。主な定義は下記です。
・塩酸または塩化ナトリウム水溶液を電気分解して生成する事
・強酸性次亜塩素酸水 pH2.7以下 有効塩素20~60mg/kgを含む。
・弱酸性次亜塩素酸水 pH2.7~5.0 有効塩素10~60mg/kgを含む。
・微酸性次亜塩素酸水 pH5~6.5 有効塩素10~80mg/kgを含む
これら以外のものは次亜塩素酸水ではないのですが、これが混同されている事態を我々も危惧しており、今回のNITEでの内容、指摘でもあります。
我々は食品添加物として、また、殺菌料として厚生労働省にも認められている商品をご案内しておりますので、ご安心頂けるものです。
噴霧器に関してもWHOやアメリカの事例などを基に危険と記載されておりますが、これらは次亜塩素酸ナトリウム噴霧に対しての見解であり我々も危険と判断します。
次亜塩素酸水に関しては今後エビデンスを充実させ安心頂けるよう進めてまいりますが、我々の経験上からは安全なものと確信しております。

能水研究振興財団や電解水協会では食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム」と食品添加物「塩酸」等をあらかじめ混和した水溶液を販売することは認められておりません。「次亜塩素酸水」をお求めになる際には、原料をご確認ください。や、原料に次亜塩素酸ナトリウムを含むものは、手の消毒、加湿器噴霧にはご使用にならないでください。など注意を促す内容を常に情報を公開しております。正確な情報や使い方をお伝えできるよう発信いたしますので今後とも宜しくお願いいたします。

 
 
お問い合わせ、ご相談は、お気軽にどうぞ (*^_^*)
電話:072-894-8615 メール:info@pg-japan.com
株式会社パワーグリーン・ジャパン 山口まで



 
 

家庭用の次亜塩素酸水(強酸性水)と還元水素水(アルカリイオン水)の両方作れるハイブリットモデル

2020-05-13
家庭用の次亜塩素酸水(強酸性水)と還元水素水(アルカリイオン水)の両方作れるハイブリットモデル
水素水と強酸性次亜塩素酸水の両方作れるハイブリット
いつもは飲料の還元水素水、緊急時には次亜塩素酸水も作れるハイブリット電解システム
家庭で電解還元水素水(アルカリイオン水)と次亜塩素酸水の両方を作れる
家庭で電解還元水素水(アルカリイオン水)と次亜塩素酸水の両方を作れる
家庭用のアルカリイオン整水(水素水生成器)での強酸性水の次亜塩素酸水の作り方
家庭で電解還元水素水(アルカリイオン水)と次亜塩素酸水の両方を作れるモデル
新型コロナウイルスの出現によりアルコール代替えとして期待される次亜塩素酸水生成器ですが、通常は飲料用の電解還元水素水を作れて、緊急時や急遽消毒したい事が発生した時には、その場で簡単に次亜塩素酸水を作れるハイブリットモデルです。
業務用としては連続的に次亜塩素酸水を生成するモデル(クロライーナ)をご用意しておりますが、家庭用では次亜塩素酸専用器だけでは、平時に埃をかぶってしまう可能性もあり、無駄にならないように通常は飲料水を生成して、必要な時にだけ食塩を添加して強酸性の次亜塩素酸水を簡単に作れる賢いハイブリットモデルです。
1回の生成ではエクセルFXでは約5L(pH2.7以下:次亜塩素酸濃度約20~40ppm)ミネHワンG6000では約1~2L(pH2.7以下:次亜塩素酸濃度約20~40ppm)を生成できます。
次亜塩素酸水の作り方は簡単で1~5分程度(約1L/分)で作れます。
いずれのモデルも食塩を入れる筒がありますので、食塩(市販の食塩/99%塩化ナトリウム)を入れてスイッチを入れるだけです。
家庭用とは言え、当然ながら定義に当てはまる次亜塩素酸水を生成し、信頼性も耐久性も高い本格的なハイブリットモデルで、実際には病院などでも使用されておりますので、ご安心頂けるモデルです。
製造工場は、日本の医療認可工場で製造し、他の業務用次亜塩素酸水生成器も同じラインでの生産です。
日本製です。
現在キャンペーン(電話かメールでお問い合わせください)を行っていますので、値引きも期待ください。
ミネHワンG6000在庫有りです。
 
 
お問い合わせ、ご相談は、お気軽にどうぞ (*^_^*)
電話:072-894-8615 メール:info@pg-japan.com
株式会社パワーグリーン・ジャパン 山口まで



 
 

スプレーボトルや容器入り次亜塩素酸水(強酸性水/微酸性水)の使い方/確実な効果を上げるため。新型コロナウイルス情報

2020-05-08
スプレーや容器入り次亜塩素酸水(強酸性水/微酸性水)の使い方:確実な効果を上げるための使い方
次亜塩素酸水(強酸性水/微酸性水)の使い方と新型コロナウイルス情報
新型コロナウイルスと次亜塩素酸水の使い方
次亜塩素酸水のスプレーや容器の使い方
次亜塩素酸水のスプレーや容器は遮光が基本
スプレーや容器入り次亜塩素酸水(強酸性水/微酸性水)の使い方:確実な効果を上げるための使い方
1.容器: 汚れの無いスプレーボトルやペットボトル等を使用してください。
 ※ マジックインク等で次亜塩素酸水を生成して入れた月日を書いてください。
 ※ 次亜塩素酸水は希釈せずにそのまま使います。
   汚れがあると反応して除菌効果が著しく低下してしまいます。
 ※ 次亜塩素酸水は飲用ではありません。
2.机やドアノブ、手すりなどの除菌: ビシャビシャにスプレーします。
  直接スプレーでビシャビシャになるまで噴きかけ、約10秒後ふき取ります。これを2回繰り返します。
 ※ 1回目で汚れを取ります。2回目で除菌効果が発揮されます。
3.手の除菌: 石鹸で良く洗手後、ふき取り、ビシャビシャにスプレーします。
 ①手洗い: 洗い残しのないように洗って、ふき取り、汚れを十分取ります。
 ②除菌: ビシャビシャになるまでスプレーし、約10秒後ふき取ります。
  または、ビシャビシャにスプレー後乾くまで手揉みします。
 ※ 次亜塩素酸水はエタノールのように少量スプレー(シュッシュッ)では良い効果が出ません。
  なお、手荒れはほとんどしません。
4.保管: 除菌効果の維持のため遮光して冷暗所に置きます。
 アルミホイル等で容器を遮光して、冷暗所(冷蔵庫など)に保管します。
 使用期限を守ってください(できれば1週間以内に使い切ってください)。
<参考>
次亜塩素酸水(強酸性水/弱酸性水/微酸性水)とは
薄い食塩水や塩酸水を専用の生成装置で電気分解することによって生成する次亜塩素酸を規定濃度(10~80ppm)含む酸性電解水です。「人の健康を害する怖れがない」という理由で国から食品添加物殺菌料に指定されており、希釈せずに流水で使うのが原則です。
一方、次亜塩素酸ナトリウム(4%以上)に酸を混和・希釈して酸性化した溶液も次亜塩素酸水と称されていますが、似て非なるもの(疑似次亜塩素酸水)です。濃度規定がないこと、食品添加物に指定されていないことに要注意です。
(一財)機能水研究振興財団より引用
 
 
お問い合わせ、ご相談は、お気軽にどうぞ (*^_^*)
電話:072-894-8615 メール:info@pg-japan.com
株式会社パワーグリーン・ジャパン 山口まで



 
 

次亜塩素酸水(強酸性水や弱酸性水、微酸性水)の保管容器と次亜塩素さ濃度の維持、使用期限について

2020-04-14
次亜塩素酸水(強酸性水や弱酸性水、微酸性水)の保管と次亜塩素さ濃度の維持、使用期限について
次亜塩素酸水(強酸性水や弱酸性水、微酸性水)の保管と次亜塩素さ濃度の維持、使用期限について遮光ボトル
次亜塩素酸水 遮光ボトル
次亜塩素酸水(強酸性水や弱酸性水、微酸性水)の保管と次亜塩素さ濃度の維持、使用期限について遮光ボトルが無い場合は透明ペットボトルにアルミを巻いて代用
遮光ボトルが無い場合は、透明なペットボトルでもアルミホイルで巻くと代用できます
次亜塩素酸水(強酸性水や弱酸性水、微酸性水)の保管と次亜塩素さ濃度の維持、使用期限について遮光ボトルが無い場合
アルミホイルで隙間なく覆います。生成日を記載
次亜塩素酸水(強酸性水や弱酸性水、微酸性水)の保管と次亜塩素さ濃度の維持、使用期限についてアルミパウチ容器、業務用
次亜塩素酸アルミパウチ容器
次亜塩素酸水(強酸性水や弱酸性水、微酸性水)の保管と次亜塩素さ濃度の維持、使用期限について
次亜塩素酸生成器(強酸性水生成器や弱酸性水生成装置、微酸性水生成器)で作った次亜塩素酸水は機器にもよりますが約20~40ppmあたりの次亜塩素酸を含む次亜塩素酸水となります。次亜塩素酸水のご質問で多いのが使用期限で、どの位、次亜塩素酸水の除菌力が持つのか?どのタイミングで作り直せばよいのか?です。次亜塩素酸水は強い殺菌力を持ち安全なものですが、良くも悪くも時間経過と共に効力を失っていき、最終的にはただの水に戻ってしまいます。この為通販などで業務用として販売している次亜塩素酸水は高濃度(※1注意/下記文章参考)(例えば400ppmなど)にしており、生成から使用するまでのタイムラグが有っても濃度を維持できるようにしています。また次亜塩素酸ナトリウムと塩酸を混ぜた商品(※2注意/下記文章参考)もありますが、一般財団法人機能水研究振興財団からは下記のような案内が出ておりますので注意点となります。
話が逸れましたが、光(紫外線)にあたると除菌効果が失われますので遮光容器や光の当たらない場所での保管が必須です。上記写真のように透明なペットボトルしかない場合にはアルミホイルで綺麗にまいてあげると良いでしょう。また冷蔵庫などに入れて保管するのも良いでしょう。次に密閉です。空気と触れていると徐々に除菌効果が失われますのでしっかりと密閉(キャップなど)してください。
また、生成した日付を記載することを忘れずに行って下さい。
①遮光ボトルなど光の当たらない環境で保管する事
②涼しい場所に保管する事
③密閉する事
③生成日の記載する事
 
※1 一般財団法人機能水研究振興財団より抜粋
新型コロナウイルス感染症の脅威が増すとともに消毒薬(消毒用エタノールと次亜塩素酸ナトリウム)が品切れ状態の様相を呈しています。そうした中、代替品として次亜塩素酸水の注目度が高まり、全国で非常な勢いで使用されています。本来、次亜塩素酸水は専用の生成装置を用いて生成し、流水使用することが原則です。しかしながら、緊急事態のため、容器入りの様々な次亜塩素酸水が出回っています。中には、次亜塩素酸ナトリウムに酸を混合希釈したものや次亜塩素酸カルシウムなども次亜塩素酸水という商品名で販売されており、野放し状態です。そのため、問合せが多く寄せられています。
そこで、当財団としては以下のことを強く主張します。
<専用生成装置から生成する次亜塩素酸水>
1. 安心して使える次亜塩素酸水は、人の健康を害する恐れがないという理由で食品添加物殺菌料に指定されたもので、その際に付帯条件となった専用生成装置(電気分解装置)から生成されたもの(有効塩素濃度10~80ppm)です。
2. 上記の装置から生成した次亜塩素酸水を容器に詰めたものを配給する場合は、配給する会社の責任において、製造年月日、消費期限年月日を明示すること。
また、保管する場合は冷暗所に保管し、規定範囲の有効塩素濃度が維持されている間に使用すること。
3. 使用方法は使用目的や使用対象によって異なるので、的確な使用方法を生成装置メーカーは提示すること。
*次亜塩素酸水は、有機物汚れがあると殺菌効果が著減するので、予め有機物を石鹸などで取り除いてから使用すること。
<次亜塩素酸ナトリウムに薬品を混合し希釈して作製する“次亜塩素酸水”>
4. 薬品混合“次亜塩素酸水”は、食品添加物指定されている次亜塩素酸水とは似て非なるものです。すなわち、食品添加物同士を混合するからと言って安全とは言えません。製品の有効塩素濃度が高すぎて事故が起きていますし、混合によって化学反応が起きるので食品添加物として認められていません。
5. “次亜塩素酸水”の使用者の方は、上記4を理解の上、十分注意して使用すること。
 
※2 一般財団法人機能水研究振興財団より抜粋
食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム」と食品添加物「塩酸」等をあらかじめ混和した水溶液を販売することは認められておりません。
「次亜塩素酸水」をお求めになる際には、原料をご確認ください。
 
 
お問い合わせ、ご相談は、お気軽にどうぞ (*^_^*)
電話:072-894-8615 メール:info@pg-japan.com
株式会社パワーグリーン・ジャパン 山口まで



 
 
TOPへ戻る