本文へ移動

パワーグリーン・ジャパンのブログ

家庭用の次亜塩素酸水(強酸性水)と還元水素水(アルカリイオン水)の両方作れるハイブリットモデル

2020-05-13
家庭用の次亜塩素酸水(強酸性水)と還元水素水(アルカリイオン水)の両方作れるハイブリットモデル
水素水と強酸性次亜塩素酸水の両方作れるハイブリット
いつもは飲料の還元水素水、緊急時には次亜塩素酸水も作れるハイブリット電解システム
家庭で電解還元水素水(アルカリイオン水)と次亜塩素酸水の両方を作れる
家庭で電解還元水素水(アルカリイオン水)と次亜塩素酸水の両方を作れる
家庭用のアルカリイオン整水(水素水生成器)での強酸性水の次亜塩素酸水の作り方
家庭で電解還元水素水(アルカリイオン水)と次亜塩素酸水の両方を作れるモデル
新型コロナウイルスの出現によりアルコール代替えとして期待される次亜塩素酸水生成器ですが、通常は飲料用の電解還元水素水を作れて、緊急時や急遽消毒したい事が発生した時には、その場で簡単に次亜塩素酸水を作れるハイブリットモデルです。
業務用としては連続的に次亜塩素酸水を生成するモデル(クロライーナ)をご用意しておりますが、家庭用では次亜塩素酸専用器だけでは、平時に埃をかぶってしまう可能性もあり、無駄にならないように通常は飲料水を生成して、必要な時にだけ食塩を添加して強酸性の次亜塩素酸水を簡単に作れる賢いハイブリットモデルです。
1回の生成ではエクセルFXでは約5L(pH2.7以下:次亜塩素酸濃度約20~40ppm)ミネHワンG6000では約1~2L(pH2.7以下:次亜塩素酸濃度約20~40ppm)を生成できます。
次亜塩素酸水の作り方は簡単で1~5分程度(約1L/分)で作れます。
いずれのモデルも食塩を入れる筒がありますので、食塩(市販の食塩/99%塩化ナトリウム)を入れてスイッチを入れるだけです。
家庭用とは言え、当然ながら定義に当てはまる次亜塩素酸水を生成し、信頼性も耐久性も高い本格的なハイブリットモデルで、実際には病院などでも使用されておりますので、ご安心頂けるモデルです。
製造工場は、日本の医療認可工場で製造し、他の業務用次亜塩素酸水生成器も同じラインでの生産です。
日本製です。
現在キャンペーン(電話かメールでお問い合わせください)を行っていますので、値引きも期待ください。
ミネHワンG6000在庫有りです。
 
 
お問い合わせ、ご相談は、お気軽にどうぞ (*^_^*)
電話:072-894-8615 メール:info@pg-japan.com
株式会社パワーグリーン・ジャパン 山口まで



 
 
TOPへ戻る