本文へ移動

パワーグリーン・ジャパンのブログ

次亜塩素酸水35ppm以上で新型コロナウイルス消毒に対して有効であることが発表。クロライーナAL-790は20~40ppm電解型の微酸性次亜塩素酸水を生成します

2020-06-26
次亜塩素酸水35ppm以上(pH6.5以下)で新型コロナウイルスの消毒に対して有効であることが発表されました。
平素は弊社製品をご愛用いいただきまして誠にありがとうございます。
6/26日最終報告として、経済産業省、製品評価技術基盤機構(NITE)、各報道機関より発表及び報道がありました。次亜塩素酸水について部分、転記致しますとともに、弊社より下記見解をご報告いたします。
 
発表日  :令和2年6月26日(金)
発表者名 :独立行政法人製品評価技術基盤機構 消毒手法タスクフォース
資料の概要:NITE(ナイト)[独立行政法人 製品評価技術基盤機構 理事長:辰巳 敬]は、第5回「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」を6月25日に開催し、新型コロナウイルスを用いた候補物資の有効性評価結果の最終報告をとりまとめました。
今まで公表済みの結果に加え、新たに2種の界面活性剤、及び一定の濃度以上の次亜塩素酸水が、新型コロナウイルスの消毒に対して有効であることが確認されました。
1.独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、経済産業省の要請を受け、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、上記検討委員会を4月に設置し、消毒方法の有効性評価を進めてきました。
 
2.昨日6月25日、最終回となる第5回検討委員会を開催し、国立感染症研究所、学校法人北里研究所、国立大学法人帯広畜産大学、国立大学法人鳥取大学及び一般財団法人日本繊維製品品質技術センターと共同で進めていた新型コロナウイルスを用いた検証試験結果について審議を行い、最終的な報告をとりまとめました。結果の概要は、以下のとおりです。(赤字部分が、今回委員会で新たに判断された事項です。)
NITE(ナイト)[独立行政法人 製品評価技術基盤機構 理事長:辰巳 敬]は、第5回「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」を6月25日に開催し、新型コロナウイルスを用いた候補物資の有効性評価結果の最終報告をとりまとめました。
今まで公表済みの結果に加え、新たに2種の界面活性剤、及び一定の濃度以上の次亜塩素酸水が、新型コロナウイルスの消毒に対して有効であることが確認されました。
  1. 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、経済産業省の要請を受け、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、上記検討委員会を4月に設置し、消毒方法の有効性評価を進めてきました。
     
  2. 昨日6月25日、最終回となる第5回検討委員会を開催し、国立感染症研究所、学校法人北里研究所、国立大学法人帯広畜産大学、国立大学法人鳥取大学及び一般財団法人日本繊維製品品質技術センターと共同で進めていた新型コロナウイルスを用いた検証試験結果について審議を行い、最終的な報告をとりまとめました。結果の概要は、以下のとおりです。
    次亜塩素酸水は、以下のものを新型コロナウイルス消毒に対して有効と判断しました。  
    次亜塩素酸水(電解型/非電解型)は有効塩素濃度35ppm以上(流水でかけ流し/pH6.5以下 )
    ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは有効塩素濃度100ppm以上

    今回の検証結果のとりまとめにより、新型コロナウイルス対策のための家庭や職場における消毒方法の選択肢がさらに広がることを期待いたします。なお、有効とされた界面活性剤を含む洗剤等は、NITEホームページで「効果が確認された界面活性剤を含む洗剤等のリスト」として公表しており、今回の追加を踏まえた情報に更新しました。
 
5月末の中間発表時から約1か月かかりましたが、新型コロナウイルス感染症予防対策COVID-19消毒、除菌に対しての次亜塩素酸水にとっては良い風が吹くこととなりました。もう少しメディアが冷静に案内頂ければ次亜塩素酸水のイメージが傷付かずに済んだのですが・・・
心配点としては電解型/非電解型いずれもOKなので、次亜塩素酸ナトリウムと酸の混和商材に良くないものも見受けられるので、その区分がユーザー様での見分け(目利き)が難しいかと思いますので、問題が起こらないように原材料の確認などが出来る体制作りが大切かと思います。更に超音波噴霧器での散布ですが、こちらはナイトさんではノーターチとの事で、皆さんに根付いたメディアのミスリードが解消されるのかが心配な所です。弊社では日本製の次亜塩素酸水生成器クロライーナAL-790で35ppm以上(流水でかけ流し/pH5~6.5で、pH6.5以下の範囲)の次亜塩素酸水をご提案できる事で、新型コロナウイルス感染症予防対策COVID-19としてクロライーナ次亜塩素酸水生成器をご案内できればと思っているところです。幸いにも現在は在庫もあり(6月はナイトの件で営業できていなかったので)お問い合わせをお待ちしております。業販、代理店募集中です。

 
お問い合わせ、ご相談は、お気軽にどうぞ (*^_^*)
電話:072-894-8615 メール:info@pg-japan.com
株式会社パワーグリーン・ジャパン 山口まで



 
 
TOPへ戻る