ブログ

登山と沢の水

2018-07-18
立山室堂、雷鳥沢キャンプ場付近の川
立山室堂は雷鳥沢キャンプ場付近の綺麗で冷たい川の水
白馬 大雪渓上部
白馬大雪渓の上部 雪渓に流れ込む水
山の(登山用)キャンプ場の水
山の(登山用)キャンプ場の水   (劒沢キャンプ場)
お客様と話をしていると、よく質問が有ります。
名水百選のような水とアルカリイオン整水器の水はどちらが良いのかと?
私は登山をするので山小屋で飲料水を分けてもらいます。多くの山小屋では雪解け水や沢の水、雨水(当然ながら水道水は無い(笑))などを利用して、タンクに貯めて利用します。山小屋での水の確保は大変な作業なのですが、多くの山小屋では塩素を入れています。更にできれば煮沸消毒してから飲用くださいと言われます。これは一見冷たくて綺麗で美味しそうに見える山の水も菌に対しては無防備だからです。例えば源流で野生動物が糞尿をしているはずですので、各種の菌やもしかするとピロリ菌なども含まれる可能性があるからです。よく山に行くと冷たい湧き水や沢の水で顔を洗ったりしますが、中には美味しいと飲まれる方もおりますが、そのような観点で考えれば危険です!特に山の中で体調を壊すと大げさでもなく生死にかかわります。
名水百選でも同じで、良くも悪くも塩素が入っていません。
環境省の案内では→「名水百選」も「平成の名水百選」も飲用に適することを保証するものではありませんので、飲用に供される場合は、所在の自治体にご確認下さい。
と書かれています。さらに言えば趣味でペットボトル数十本に湧水を入れて持ち帰り、ガレージなどに保管して1週間とか2週間かけて飲まれる場合は、菌が時間経過と共に凄いスピードで増殖しているはずです。
(常温+水+菌で塩素無し・・・ですから当然です)
飲料水としては、安全な水道水を基に浄水部分で塩素を除去してから水素水(アルカリイオン水)を作るのは理想的であります。ちなみに水道水もカルシウムやマグネシウムが入っているミネラルウォーターであって、電気分解によるアルカリ飲料水側には濃縮され、更にイオン化されているのでカルシウムなどは骨形成に最適なのです。成長期のお子さんや骨粗鬆症にも使える水です!