本文へ移動

テネレ700 Ténéré700

テネレ700リターンライダー

テネレ700

テネレ700
テネレ700
20才まで原チャにも乗ったことが無かったけれどオフロードに乗りたくなり友人と免許を取りに行った。
当時KawasakiのKDX250(2スト)の中古車を購入して何度もこけて(公道ではなく、広い原っぱでの練習場)それなりに乗れるようになった。その後、大型にあこがれて免許を取得し、ホンダのブラックバードを買ってみたが、技術不足の自分には扱えずに楽しめなかった。それどころか単独事故により手放すことに・・・
その後、子供との時間や仕事で忙しく、KDXもメンテ不足のために手放してしまったが、それから約20年たった今、リターンライダーとしてバイクを考え始めた・・・

候補としては、ホンダのNC750DCTだった。
体力と腱鞘炎気味の手と握力が落ちている今、クラッチ操作に自信がない・・・。
それ以外にもKawasakiのZ900RS CAFEやヤマハのトレーサー、スズキのV-STROM1050もしくは650も候補になった。
特にトレーサーは装備も充実していてツアラーとしては◎だった。
用途は、アフリカツイン乗りの友人とキャンプツーリングがしたい等々

そんなことを考えながら、もう一つの趣味である自転車(MTB)でスタンディングのポジションでちょっとしたダート道の下り坂を走っている時にふと感じた。立つことで気持ちがいいし、楽しいし景色が違う、凸凹も楽しいいし・・・。
ONよりOFFが良いかもと。ブラックバードとKDXのどちらが自分に合っていたか?
そこでテネレ700が頭をよぎり始めたのだ。
もっとも本来は700ccより250ccが扱いやすく林道で楽しめる事が確実なので、迷ったが友人のアフリカツインと一緒に走るならば250では辛い。アフリカツインは自分には大きすぎるのでテネレ700やV-STROM650辺りが基準となっていた。

ただ、家族と仕事を考えた時に事故だけは起こせないのだが、快適装備や安全機能が少ないテネレ700は悩ましい存在になった。
アフリカツイン乗りの友人からはトラクションコントロールなんて不要の一言だったが、リターンライダーには安全第一でもあるのだ。
そもそも腱鞘炎気味の自分に6MTで長距離の握力が大丈夫かも心配なのだ。

またテネレ700は足つき性が悪い(シートが高い)ので、立ちごけの心配も気になった。
私は174㎝なので、いろんなブログや動画を見る限り何とか大丈夫だろうと思うが、一度YSPに行ってまたがってみようと思った。

テネレ700

テネレ700
テネレ700
YSPは自宅から5km範囲内で3軒あるので、一番近いYSPに行ってみた。
一番欲しい黒/青色のテネレ700が飾ってあったので、もしかすると今日衝動的に契約してしまいそうな予感を感じながら店長と話をした。しかし残念ながら股がらせてくれない・・・それどころか店の隅に飾ってあるテネレ700は正面と横方面からしか見学できない。小心者なので、「またがらせて頂いても良いですか?」と言えないままマジマジと眺めていたら居づらくなってきてYSPを後にした。少し先にもう一軒YSPがあるので移動して店に入る。こちらは赤白のテネレ700がずらっと並んだバイクに挟まれて飾っていた。少しして店長らしき人が来て雑談をしたが、忙しそうでまたがらせてくれそうな雰囲気でなくて、また店を後にした(小心者 笑)

2週間後に友人と3軒目のYSPに行くと、広い空間にテネレ700の赤白が飾ってあった。
またがって良いですか?とようやく聞けた(笑)
どうぞ!との事で跨ると、足つき性は問題なかった。そして30分ぐらい相談して、その流れで購入してしまった(汗)

テネレ700

ヘルメット
ヘルメット
テネレ700の契約書にサインをしたら友人と一緒にヘルメットを買いに行った。
バイクが有っても、ヘルメットや服、グローブ、盗難防止のワイヤーや盗難防止センサーなどは必須で、それ以外にもトップケースやら・・・
テネレの購入費から更に積み重なっていく費用が怖くなってきた・・・。

先ずはヘルメット
AraiかSHOEIより選ぶことにした。最終的にはSHOEIにしたが、ここで友人が、このSHOEIに専用のインカムが有るとの事で見ると、結構なお値段( ;∀;)
結局、ヘルメットとインカムとウエアを購入し恐る恐るカードを切った・・・
数日後にそのショップのセールがあり、定価で買ってしまった事に涙を流すことに・・・セールが有るなんて知らんかった(涙)

テネレ700とGIVI OBKN58A モノキーケース 58L 

テネレ700 GIVI OBKN58A モノキーケース 58L 
テネレ700とGIVI OBKN58A モノキーケース 58L
メットやその他もろもろを購入し、任意保険にも加入したので、とりあえずは乗る権利は得たことになった。
後はトップケースだ。パニアはカッコいいけどコストもかかるし大きくなる。登山をする自分にはコンパクトなテントやシュラフが有るので、パニアは無くとも大きめのトップケースがあれば容量的にはOKと思われる。模索したらGIVIの58Lが有った。
GIVI OBKN58A モノキーケース 58L 圧倒する強靭さと利便性! TREKKER OUTBACKシリーズと書いてある。
本体重量… OBKN58:7kg 奥行×幅×高さ
OBKN58:454×555×323(mm)最大積載重量:10kg 品番98486
定価¥78,100
定価以外は素敵だ!

テネレ700とGIVI OBKN58A モノキーケース 58L 

テネレ700 GIVI58L Ténéré700
Ténéré700とGIVI OBKN58A モノキーケース 58L 
テネレ700のヤマハ純正オプション品のリアキャリアにGIVI OBKN58A モノキーケース 58Lが装着できるのか?
ヤマハにもアルミトップケース42Lが準備されている。どう見てもGIVIと同じデザインなので互換性ありそうですが、YSPに相談しても分からない、多分付かない・・・のお返事。この辺りはディーラーとして社外品はお勧めされないのかもですが、その辺りをYSPマンとしての経験から断定できなくとも過去の事例を考えると回答が有りそうなものだが、本当に欲しいのはカタログに無い情報である。情報!!
仕方ないので色々とネットで調べた結果、GIVIのOEMであろう製品が多々出てきた。GIVI製品にはモノロックとモノキーが有る。
モノキーは簡易的な感じで最大積載量も少ないが、モノロックはモノキーに比べてガッチリタイプである。
自分の欲しいOBKN58Aはモノロックタイプである。
写真を見比べても同じ形状だから装着できそうなのだが、何か確信できるものが欲しい。その中で某ブログからテネレ700のリアキャリアにOBKN58B(OBKN58Aがアルミ色に対してOBKN58Bはブラック)が装着している写真が出てきた・・・数日迷ってブログにメッセージを入れてみた。「私も同じテネレを買いリアキャリアを装着していますがOBKN58Aが加工なしで装着できますか?」と。親切なブログの方より、大丈夫ですよとの返事を頂き安心してOBKN58Aを購入した。

ヤマハ純正のアルミトップケース42LとGIVIのOBKN58Aはほぼ同じなのだが、多分(本当に多分)ラバーストッパー(OBKN58に付属されている)がヤマハのリアキャリアよりも1mm程度高い感じであるし、GIVIの取扱説明書にも
[[OBKN58A/BをGIVI モノキーベース(別売り)に組み付ける際は、ベースのラバーストッパーを商品付属のZ126A(上部ゴム肉厚9.5mm)(品番90606 同等品)に交換してください]]とある。
42Lに比べて58Lは少しだけ(1㎜程度)ラバーストッパーの肉厚が有るようだ。

しかし、ヤマハのリアキャリアにGIVI付属のラバーストッパーの形状が合わず入れ替えできない。
ただ、トップケースを装着するとほぼ問題なくガタつきもないので、1mmの誤差はOKと考えてみた。
しかし走っていると凸凹でトップケースが少し(ほんの少し)カタカタと音がするので、再度確認すると、やはり少しだけラバーストッパーの寸法(高さ)が合っていないと確信。それともOKの範囲なのかは分からないがイタリア製となれば少々の誤差はOKととらえたいが、落下すると大事故なのでNGとした。

対策は簡単でヤマハ純正リアキャリア突起のゴムの上に1mm程度のゴムを両面テープで貼り付けて調整した。
1mmUPしただけでトップケースは装着できなかった。
強く押し込めばLOCKが掛かるのだが、これはこれで危ないかもしれないので却下。
次にドアの隙間を埋めるシール付きのスポンジが有ったので、それを貼り付けたら、丁度ぴったり!しっくりときた。1mm以下の厚みで良くなった。

纏めると(自己責任ですが)ヤマハ純正リアキャリアとGIVI OBKN58はヤマハリアキャリアのラバーストッパーに1㎜以下程度の何かを足してあげると装着が出来る。(それなしでも装着できるが、OKの範囲なのかは?である。)

テネレ700

テネレ700
テネレ700
テネレ700のオプション品としては
①エンジンガード
②リアキャリア
③グリップヒーター
④ETC
それとトップケースは上記にあるGIVIの58Lや盗難防止アイテムあれこれ(笑)
車高はLOWにはせずに標準のままで頑張ってみよう。

納車日は友人のアフリカツイン2ケツでYSPに向かい納車と相成った。
20年ぶりのクラッチ操作と重量200Kgと足つき性が悪いテネレと言う事で納車後のコケる心配が尽きないままエンジンを始動した。
正直、YSPを出てから左に曲がるのさえ怖かった(笑)
思っていたよりクラッチがレバーをだいぶん広げないと繋がらなくて、「あれ?ニュートラル?とか確認したりして」走り出すまでに7~8秒ぐらい(自分的には20秒ぐらいに感じた)掛ったが、何はともあれ焦らない焦らないと言い聞かせて無事に1速に入り動き出した。

いきなり上り坂の信号が有ったりと、エンスト怖さにエンジン吹かしながらクラッチをつないでギクシャクするが、とにかくコケ無い、安全を第一!にバイクを楽しめずに緊張の初乗りとなった。

テネレ700

テネレ700 ヘッドライト明るさ
テネレ700
緊張のまま納車後の2時間程度は走行したが、夜になり一人で空いた道を練習として走り始めた。
20年ぶりの感覚は中々取り戻せないけれど、エンストする事もなく走れたのだから、それなりに感覚は残っているのだろう。
ヘッドライトはLEDでかなり明るい!特に横方向に広がりが有るので、安心レベルの明るさと、KDXの暗さを思い出すと時代の変化を感じる。(まぁ、目的が違うバイクなので・・・)
また、某ユーチューブで足回りのセッティングが納車時(出荷時)が標準からずれているとの事でしたので、YSPに納車時に聞いたが、首をかしげていた・・・自分でセッティングしようと思ったが、こう言う作業は苦手なので、とりあえずそのままの状態で乗り続けている。

テネレ700

テネレ700 ヘッドライト明るさ
テネレ700
納車より約1か月で700kmほど走行した。
他のバイクを知らないので他車に比べてはわからないけれど、とても乗りやすい。
ダート道もゆっくり走ったけれどいい感じ!
音質は友人のアフリカツインと同じ感じで、アフリカツインの方が音量がやや大きいかな~って感じです。

靴は登山で使っているスポルティバかノースフェイスを履くことが多い。
①ビブラムソールでグリップが良く、信号待ちなどの時にかなり安心感がある。
②厚底なので、足つき性が良くなる
③冬の季節には暖かく、ゴアテックスなので防水性能も◎
ソールが固いので、クラッチ操作やブレーキ操作に影響が有るか心配したけど、問題なかった。
ウエアはプロテクション入りの安全第一ウエアーを購入したが、10度以下でも寒さを感じないので驚き!
もともと、春ごろにバイクを購入する予定だったのが11月になり、冬場は寒いと思っていたのにグリップヒーター付ければほぼ寒くない。ヘルメット内も手も体も足も快適で温かい・・・。もしかすると今や冬場でも快適なのかも!

早くトップケースにキャンプ用品を載せてツーリングキャンプに行きたい(^^)

テネレ700

テネレ700とアフリカツイン
テネレ700
TOPへ戻る